カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

■無添加石けんとは

GO GREENでは「天然成分100%の手作り石けん」を扱っていますが、それを英語で表記する時は簡潔に「Natural Soap 」、日本語では「無添加石けん」としています。日本語で「無添加石けん」と表記しているのは、「無添加」という言葉が「天然成分100%の安全な石けん」というような意味で浸透しているからですが、本来そのような意味ではないようです。

「無添加石けん」とは、香料や保存料、着色料などを使用していない石けんのことなのですが、何となく「無添加」という言葉が本来の意味とは別に一人歩きし、「無添加」=「合成化学物質を使用していない」=「安心」というような意味合いで解釈されてきたようです。「保存料無添加」「香料無添加」「着色料無添加」など、無添加と記載されていれば安全のように思いがちですが、それは「保存料を使っていないだけ」「香料を使っていないだけ」「着色料を使っていないだけ」という意味で、「保存料無添加」と表示されていても香料と着色料は使われている可能性がある。そもそも合成化学物質が使われていても、香料や保存料、着色料が使われていなければ無添加と表示できるのです。

私たちは既に10年以上「無添加石けん」を使い続けています。その石けんは娘の肌トラブルを改善するために作った石けんで、実際に効果のあったモノを世に送り出したわけですが、別の言い方をすれば、私たちが使ってきたその十数年間をかけて人体実験をしてきたとも言えます。そんな私たちが言う「無添加石けん」とは、本来の意味とは別に「天然成分100%の素材だけを材料にした手作り石けん」のことです。

■石けんへのこだわり



「娘の肌トラブルを改善する為に天然成分100%の石けんを作りました。」


現代社会において大きな問題となっている環境破壊。我々の住む地球表面の70%を占める水が汚染され続けています。近年、この水質汚染は工場廃水よりも合成洗剤が使われている家庭の台所やお風呂場、洗濯場から河川や海に排出される家庭排水が原因だと云われています。

本来、天然石けんは環境に排出されても、水と二酸化炭素に分解され残された石けんカスは微生物の栄養源として生態系にリサイクルされます。しかし、合成洗剤の主成分である合成界面活性剤は皮膚から体内に侵入する浸透力を持ち、濃度が薄れてもその効力を失うことなく他の有毒物質と結びつき複合汚染を引き起こします。複合汚染の毒性は植物連鎖の過程で生態濃縮され、頂点(人間)に近付くにつれその毒性は指数関数的に増大し、生殖器障害、受胎率の低下、生殖能力の減退、免疫異常、異常行動などと密接に関係すると云われます。実証主義の世界にいる科学者たちは状況証拠だけで合成界面活性剤の有毒性は明言しません。しかし、合成界面活性剤が主成分のボディソープ、シャンプー、リンス、洗濯洗剤、台所洗剤など合成洗剤の使用率が石けんを上回った僅か50年の間に環境破壊は急激に進行し、そして昔はみることのなかった主婦湿疹やアトピー、若年脱毛などのような原因不明の皮膚障害で多くの現代人が悩まされているのはただの偶然と言えるでしょうか。

石けんなどなかった古き時代にも人には身を清める、すなわち洗う習慣がありました。アルカリ性の粘度や木炭、海藻灰、米ぬか、小麦粉などが天然の界面活性剤として利用されていたそうです。そして石けんが一般庶民に普及し清潔にする習慣をみにつけるようになって伝染病による死亡率も激減したそうです。

私たちは、次世代への影響を視野に入れ、(環境保護)=(健康)=(美)をモットーに、古き良き時代にあった本物の天然石けんを蘇らせます。

■美容師の方へ

群馬県みどり市にあるヘアサロン「美容室STARRY」でインティバリの石けんを使った石けんシャンプーをメニューに取り入れて頂くことになりました。石けんシャンプーをされたお客さまからは「石けんシャンプーで髪がツヤツヤになった」「石けんシャンプーをしてくせ毛がストレートにまとまった」など喜ばれているそうです。

やはり、プロが石けんシャンプーをしてヘアブローすると違うようです。本当にその場で髪がツヤツヤになるし、くせ毛が真っ直ぐになるそうです。ご自宅で石けんシャンプーをしてる方からも「髪にコシが出て艶やかになった」
「手荒れが石けんシャンプーしてるうちに治った」新婚女子の方からも「これから子供を生もうと思ってるから身体をキレイにしておきたいので、インティバリの石けんを使い始めた。インティバリの石けんでシャンプーもしているがお蔭さまで髪がサラサラ、ツヤツヤになった」「石けんシャンプーを始めて髪にコシができて上手くまとまるようになった」というような感想も頂いています。

如何でしょうか?是非、お店のメニューに石けんシャンプーを取り入れてみて下さい。石けんシャンプーとプロのヘアブローの技術でお客様の髪がツヤツヤになりますし、くせ毛で悩んでいるお客様がいればストレートにまとめることも可能です。

ただ、どの石けんでも大丈夫というわけではありません。「肝心なのは、どの石けんを使うか!」石けんとの相性があると思うのです。石けんシャンプーをしてるインティバリのユーザーさんからインティバリの石けんだから続けることが出来ると、言って頂いてますが、

インティバリの石けんは、娘が幼少の頃に患った頭皮の肌トラブルを改善するために、試行錯誤を繰り返し、天然成分100%はもちろん、どの材料を使うか、にもこだわっています。その中で、実際に使い続けて良かったモノだけを商品化したのですが、ある意味、我が家で人体実験をしてきたのと同じ。品質には自信があります。美容師の方は合成化学物質過敏症二なるリスクが高い、とも聞きます。美容師の方もお客様も健康でいられるように、是非、石けんシャンプーを取り入れてみて下さい。

また、天然成分100%の石けんを使用し、プロの技術で施す石けんシャンプーはある意味、贅沢です。その非日常をお客様にご提供できるのもプロだけです。

石けんシャンプーに最適な石けん

まず、ホホバオイル配合の「ホホバクイーン(無香料)」と「ロイヤルフォーム」、ベビードール(無香料)、髪に良いと言われるハイビスカスリーフを配合した4種「クールリーフ」「ハニーローズ」「ココハニー」「ハニービー」、それから米ぬかを配合アミノ酸石けん「ライスシャワー」クレイ配合の泥パック石けん「ピンククレイ」。色々と試してみたという場合、12gサイズ(数回分サイズ)をご用意してます。

最後に、美容師ではない方へ

石けんシャンプーをお試し下さい。そして、その良さを体感して頂いたら、是非、その声を美容師の方にお伝え下さい。プロの技術でまた違った石けんシャンプーを 体験できると思います。「始まりはいつも一人の声から」です。





美容室STARRY

※個室プライベート空間、完全予約制

住所:群馬県みどり市
電話番号:0277 51 4913
定休日:月曜日/第三日曜日

■髪の毛を健やかに保つ!

「髪が薄くなってきた」と感じたら、

石けんシャンプーをお試し下さい。



アルカリ性の石鹸シャンプーは洗浄力に優れていますので、毛穴に詰まった汚れも取り除き毛穴を広げてくれます。そして、抜けたらまた生えてくるという髪の毛のサイクルが正常化されます。

また、石けんシャンプーすることで、コシ、ハリを与え、艶やかな髪になります。その他、「頭皮の嫌な匂いがなくなった」などの声を頂きました。

(注意点)

石けんシャンプーでアルカリ性になった頭皮は、自らの力で中和させ弱酸性に戻す力を備えていますが、髪の毛は自力で中和させる力がなく、髪がギシギシ、ごわごわします。これは、パーマやカラーをした状態と同じように、アルカリ性に傾いた髪のキューティクルが開き、タンパク質が流出して、髪にダメージを受けた状態になるからです。石けんシャンプー後は、クエン酸やレモン水、お酢などですすいで髪を中和させて下さい。

髪を中和させることで、開いたキューティクルが閉じて髪の毛を保護することが出来ます。しっかり保護された髪は丈夫で抜け辛く、また艶が増します。

尚、天然成分100%の石けんでシャンプーした後に、合成化学物質が主成分のリンスやトリートメントをしては意味がありません。


天然リンスの作り方

洗面器などにお湯を入れ、一つまみ程度(頭皮がしみない程度)のクエン酸を溶かします。入れすぎると人によっては頭皮がしみることもありますのでご注意下さい。また、トリートメントオイルを少し(2滴程度)入れますと、髪の毛の油分となり艶が増します。丁寧にすすげば知らず知らずにたまるアルカリ性の石けんカスもキレイに落とすことが出来ます。