カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

■無添加石けんとは

GO GREENでは「天然成分100%の手作り石けん」を扱っていますが、それを英語で表記する時は簡潔に「Natural Soap 」、日本語では「無添加石けん」としています。日本語で「無添加石けん」と表記しているのは、「無添加」という言葉が「天然成分100%の安全な石けん」というような意味で浸透しているからですが、本来そのような意味ではないようです。

「無添加石けん」とは、香料や保存料、着色料などを使用していない石けんのことなのですが、何となく「無添加」という言葉が本来の意味とは別に一人歩きし、「無添加」=「合成化学物質を使用していない」=「安心」というような意味合いで解釈されてきたようです。「保存料無添加」「香料無添加」「着色料無添加」など、無添加と記載されていれば安全のように思いがちですが、それは「保存料を使っていないだけ」「香料を使っていないだけ」「着色料を使っていないだけ」という意味で、「保存料無添加」と表示されていても香料と着色料は使われている可能性がある。そもそも合成化学物質が使われていても、香料や保存料、着色料が使われていなければ無添加と表示できるのです。

私たちは既に10年以上「無添加石けん」を使い続けています。その石けんは娘の肌トラブルを改善するために作った石けんで、実際に効果のあったモノを世に送り出したわけですが、別の言い方をすれば、私たちが使ってきたその十数年間をかけて人体実験をしてきたとも言えます。そんな私たちが言う「無添加石けん」とは、本来の意味とは別に「天然成分100%の素材だけを材料にした手作り石けん」のことです。