Information

プリムとは



プリムとは、バリ島五つ星ホテルご用達のコスメブランド・インティバリがプロデュースする姉妹ブランドです。日本の中でも限られた地域でしか咲かない花「カッコソウ」のScientific Name “PRIMULA KISOANA” に因み「プリム」と命名し、限られた場所で美しく咲く花と同じように、「地球でしか生きられない私たちもここで美しく生きたい」という思いを込めました。


ハチのマークからメッセージ

インティバリ同様、環境に配慮した商品展開を目指しています。「疑わしきものは罰せず」という法の原則がありますが、環境保護においては「予防原則」を優先させるべきだと思います。


ミツバチの役割

ミツバチはハチミツをもたらせてくれるだけでなく、私たちが食している作物など世界の食料の9割を占める100種類の作物種のうち70種はハチが受粉を媒介しているそうです(2011年・国連環境計画報告書) 。そのミツバチが消滅した場合、私たちは野菜や果物を食すことが出来なくなるだけでなく、牛を育てるのに必要な作物までなくなるので、牛肉や牛乳、バター、チーズなどの乳製品も食卓から消えることになるでしょう。 

ミツバチの世界に異変

そんなミツバチの世界で女王バチと幼虫を巣に残したまま「一夜にしてミツバチが突然いなくなる」というような異変が世界中で報告されました。ミツバチの世界で起こったこのような異変の原因はまだ解明されていません。

寄生虫、病原菌、原虫、ウイルス、携帯電話の電磁波など、多くの仮説があるようですが、未だ直接的な原因を特定できず、様々な要因が複合的に作用した結果といわれていますが、 仮説の中で最も疑わしいのがネオニコチノイド系農薬による影響です。この農薬は虫の神経系に作用する特性があり、致死量に満たないごく微量においても、ハチは方向感覚を失い巣に戻れなくなった可能性が高いというものです。この仮説に基づいた予防原則に従いEU諸国ではネオニコチノイド系の使用を規制していますが、日本はこの分野において遅れているようです。


ハチの世界を守ることが私たちの生活を守る

プリムは、プリムをプロデュースするインティバリ同様、環境保護=健康=美をモットーに、環境に悪いモノ、身体に悪いモノ、疑わしいモノを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案していますが、ハチの世界を守ることが、私たちの生活を守ることにもなります。

用途・効能|無香料

コロナウイルス対策に

お肌のトラブル対策4ステップ

使い方いろいろ

成分の特徴と効能

Q&A~よくある質問~

初めての方へ

Information

上毛新聞オピニオン21に寄稿

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

おすすめ


インティバリ・クラブ

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

店長日記はこちら >>

ページトップへ