上毛新聞オピニオン21に寄稿

言動一致で筋通す決意




ブランドポリシー

「企業アイデンティティ」とはプライベートにおいても言動と行動に矛盾がないことだと思っています。

私は、二十数年の海外生活を経て、2016年にみどり市で起業しました。世界各国から厳選した天然成分100%の素材だけで作った、石けんや保湿クリーム、ローションなどの化粧品や、植物の葉、根、実、樹、樹脂、果肉などに含まれる揮発性の芳香成分を抽出したアロマオイルなどの輸入販売会社です。

この販売会社は、「次世代への影響を視野に入れ、環境保護=健康=美をモットーに、環境に悪いモノ、身体に悪いモノ、疑わしいモノをできるだけ避けた生活環境づくりの提案」をブランドポリシーにしています。また、「誰もが次世代を育てるという普遍的な責務を間違いなく背負っている以上、その選択が次世代にどう影響するかということを十分に考える必要がある」ということも謳っています。娘の肌トラブル改善のために始めた生活を、そのまま企業としてのブランドポリシーにしました。環境保護を謳うのも、合成化学物質とは違い天然成分100%の素材でつくられた化粧品は環境にも優しく、環境保護が自身の健康につながり、健康が美につながるという考えがあり、また、次世代が安心して暮らせる環境を残したいという思いも強いからです。

「企業アイデンティティ」として、このようなポリシーを持って、天然成分100%の素材で作った化粧品類の販売をしてるわけですが、プライベートにおいても、バリ島にある日本語補習校ダンスチームの総指揮として、未だに深く関わっています。このダンスチームは「好きなことに向き合い真剣に打ち込んでもらいたい」という思いから結成したチームです。「好きなこと」「やりたいこと」「打ち込めること」がある子供は強いと思います。ただ単に楽しいだけでなく、時には悔しい思いや辛い思いをすることもあるでしょう。でも、真剣に向き合っていれば、乗り越えることができる。そういう経験をすることで精神的にも大きく成長できると思うのです。これからの人生、最悪な状況に直面することがあるかもしれませんが、どんな状況になっても諦めず乗り越えることができる逞しい大人になってほしいー。この個人的な思いが、「次世代を育てる」というブランドポリシーの文言になったとも言えます。

何が言いたいかといえば、企業としてのブランドポリシーと個人的な考えや活動に矛盾なく言動を一致させ、スジを通すことを心がけ精進していく所存だということです。バランス良く整合性が取れたアイデンティティは生きていく上で迷いをなくすと思うからです。

(視点~オピニオン21~:2018年11月2日に掲載)



上毛新聞は群馬県で最も購読数が多いというわれる地元の新聞です。その新聞の中に、群馬県で活躍する一般人の方々で構成される委員が毎年選出され、それぞれが執筆したコラムが掲載される「視点 オピニオン21」という欄があるのですが、わたくし岡柳慶が第26期新委員のひとりに選ばれ、2017年~2018年にかけて寄稿することになりました(全7回)。

今回は企業アイデンティティについて。今回は企業アイデンティティとは「企業理念やポリシー」、それから「活動」や「様相」の整合性です。ただ、創業者である私個人の信念、思考、行動と企業アイデンティティの間に矛盾があれば、そこにはアイデンティティがないと思います。

インティバリの場合、私個人の信念や思考、普段の生活(行動や言動)をそのまま企業理念やポリシーにしていますので、企業アイデンティティについて、普段は特に意識していませんが、何か迷いが生じた時は、企業と個人のアイデンティティの同一性に注視することで、自ずと進む方向が見えてくるように思います。


用途・効能|無香料

コロナウイルス対策に

お肌のトラブル対策4ステップ

使い方いろいろ

成分の特徴と効能

Q&A~よくある質問~

初めての方へ

Information

上毛新聞オピニオン21に寄稿

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

おすすめ


インティバリ・クラブ

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

店長日記はこちら >>

ページトップへ