使い方いろいろ

花粉症による肌荒れ対策




花粉症による肌荒れとは


花粉症は、花粉が鼻や目の粘膜に付着して鼻水や涙が止まらなくなることで知られていますが、目や鼻の周り、顎や首、手など露出している部分に付着することでかゆみを伴う肌荒れを起こす人もいます。鼻水や涙が止まらなくなるという症状がなく、肌荒れだけ起こす人もいるので、花粉症と結びつかないこともありそうですが、花粉皮膚炎については昔から言われていること。春先になると顔や首、手に肌荒れの症状がでる場合は花粉が原因になっている可能性が高いです。特に敏感肌の方は肌のバリヤー機能が低下している傾向にあり、外部からの刺激を受けやすいので注意が必要です。


花粉症による肌荒れ対策


肌は、水分と油分のバランスが崩れたて乾燥した状態になると、バリヤー機能が損なわれ敏感肌になってしまいます。敏感肌になると、ちょっとした刺激により、かゆみを伴う肌荒れを起こしてしまいます。化粧品などに含まれるご自身の肌に合わない成分が刺激になることもしばしば。花粉皮膚炎は文字通り付着した花粉が刺激になるので、外出する際は、帽子やマスク、手袋などを着用して露出を抑え、花粉が肌に付着しないようすること.


そして、乾燥から肌を守り潤いをキープすることが肝心です。インティバリの乾燥肌対策にも書きましたが、インティバリのおススメは、比較的マイルドな洗浄力で保湿力に優れるコールドプロセス製法で作られたインティバリ石けんでの洗浄、ボディオイルをバスに数滴いれたバスオイルで全身保湿、入浴後は、ローズウォーターで保湿しながら肌を整え、最後に保湿クリームで外部からの刺激を遮断する。完全防備で外出しても衣類に花粉が付着して家に持ち込む可能性があるので、外出後はしっかり花粉を洗い流し、肌を保湿し、外部の刺激を遮断して肌を強化しておくことが、花粉皮膚炎の対策になります。


花粉症皮膚炎かも?と思ったら、ぜひお試しください。

尚、上記の花粉皮膚炎の対策は、そのままニキビ肌対策、毛穴対策、脂漏性湿疹対策にも対応できます。



最後に


花粉症も同じですが、花粉による肌荒れは一種のアレルギー反応です。アトピー性皮膚炎も同様ですが、合成化学物質が普及する前には見ることのなかった現代病です。それらの現代病と合成化学物質の因果関係は化学的にも医学的にも解明されていませんが無関係ではないと思います。合成化学物質が免疫機能の低下に関わっているように思えます。これは、薬による治療にも言えることです。薬に頼り過ぎると免疫力を低下させるように思います。つまり、免疫力を下げないことが花粉症皮膚炎の対策になると考えています。


インティバリは環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしいものを出来るだけ避けた生活環境づくりを提案していることから、インティバリ製品は世界各国から厳選した天然成分100%の素材だけを材料にしています。全ての人に安心、安全とは言えませんが、どんな化粧品を使っても、あるいは、病院に行っても肌トラブルが治まらないという方におススメです。肌トラブル改善はシンプルなスキンケアが良いと思っています。



用途・効能|無香料

コロナウイルス対策に

お肌のトラブル対策4ステップ

使い方いろいろ

成分の特徴と効能

Q&A~よくある質問~

初めての方へ

Information

上毛新聞オピニオン21に寄稿

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

おすすめ


インティバリ・クラブ

私たちは、娘の肌トラブル改善のために始めた生活習慣、すなわち、環境に悪いもの、身体に悪いもの、疑わしきものを出来るだけ排除した生活環境づくりを提案しています。何が真実なのか分からない今の世の中、何を判断基準にすればよいのか?私たちと同じようなトラブルを抱えている方たちと意見交換したり情報共有できたら幸いです。

店長日記はこちら >>

ページトップへ